井上皮ふ科形成外科のイメージ
井上皮ふ科形成外科のイメージ
井上皮ふ科形成外科のイメージ

アイコン アイコン アイコン
お知らせ NEWS

当院の待合室では普段アロマを焚いております。

%e3%82%a2%e3%83%ad%e3%83%9e%e2%91%a3

午前中はローズマリーとレモン
午後はラベンダーとスウィートオレンジ

古くからあるアロマですが、最近は医学の臨床報告や研究において、香り成分の多様な作用が報告されており、
全身的なアンチエイジングへの応用や加齢がリスクとなる病気の予防などに効果があることがわかってきております。

%e3%82%a2%e3%83%ad%e3%83%9e%e2%91%a4

今回のメニューは脳機能を刺激するもので、特に認知症予防につながるとされています。
認知症は嗅神経の障害(匂いがわからない)から始まり、海馬の障害(もの忘れ)の順に発症してきます。
アロマを嗅ぎ、嗅神経を刺激、活性化させることによって、認知機能の改善につなげるわけです。
実際にアロマテラピーによって認知機能が改善したデータもあるようです。

午前のローズマリーとレモンは脳神経を活性化させるので認知機能の改善に有効で、
午後のラベンダーとスウィートオレンジは脳細胞を鎮静化させるので、その日の睡眠に効果的です。
すべて天然のものを使用しています。

 

ぜひお試しになってみてください。